永岡玲子税理士事務所

0798481238

税理士を変えたい方へ

税理士を変えるというのは大変なことのように 思えますし、実際、頻繁に税理士を変えるのは お勧めできません。

でも、より良いサービスを求めるのは当然のこと。

こんな時、気をつけるべきポイントは何でしょうか?税理士を変えたい!と思ったら

そもそもなぜ「税理士を変えたい」と思うようになったのかを考えましょう。

その理由によっては、税理士を変えても不満が解消されないこともあります。 より良い税理士に出会うには、自分が今、何を税理士に求めているのか はっきりさせることが大事です。

 ↓  ↓  ↓

【1】説明が分かりにくい!

説明がわかりずらいイメージ

専門用語ばかり連発されて、話が分かりにくい。もっと基本的なことから教えてほしいのに…

そんな不満を持っている場合、こういうポイントで税理士を選びましょう。

(※下記はあくまで目安です。)

こんな税理士なら◎ こんな税理士は×
  • その税理士の書いたブログやツイッターなどの記事はすんなりと読める。
  • 一般の人向けのセミナー実績がある。
  • ホームページやブログなどの記事の内容が難しすぎて分からない。
  • 質問しても同じ目線で答えてくれない。そもそも質問しづらい。

【2】料金が高い!

料金が高すぎて困った

これは難しい問題です。何を基準にして「高い」と感じておられるのでしょうか?

会計ソフトのチェックをなかなかしてくれないのに、毎月料金だけは発生している!と 感じている場合でも、中にはそもそも、自分の側で会計ソフトへの入力を溜め込んでいるため 税理士側でチェックしようにもできない場合もあります。

記帳代行料金にしても、本当に相場より高く取られている場合もあれば、それなりに手間が かかるという理由でその料金になっている場合もあります。

そもそも税金の仕組みというのは、出来る限り公平になるように設計されています。

その結果、「Aという場合は…Bという場合は…」というように複雑な仕組みになっているのです。

決算書には、どんな業種でも正しい経営成績が反映されるように様々なルールがあります。

だから金融機関での融資を受ける際などの重要な書類になるのです。ポイントを外してはいけません。

数字を会計ソフトに放り込んで、ハイ終わり…ではないのです。

出来上がった結果は数枚の書類であっても、その中身作成には税理士事務所側でそれなりの 時間・コストがかかっています。

そういうことは全て理解してくださった上で、それでも「高い!」と感じておられるなら。 料金の高さを理由に税理士を変更するのもアリでしょう。

(※下記はあくまで目安です。)

こんな税理士なら◎ こんな税理士は×
  • ホームページに料金表を出している。
  • ITやクラウド会計に強い。(コスト削減が期待できます。)
  • 会社の規模だけでなく「かかる手間」も考慮にいれた料金体系になっている。
  • 料金表を持っていない。
  • 事務所に若手がほとんどいない。(旧来型のやり方でコスト高の可能性あり)
  • 資本金、売上高といった会社の規模だけで機械的に料金を決められてしまう。

【3】対応が遅い。

行動が遅い

こちらから質問しても何週間も経ってからでないと返事が来ないことがしょっちゅうある。

期限ギリギリにならないと納税額を教えてもらえない。申告書はいつも〆切の間際に提出される。 こういうことが続くと困りますよね。

(※下記はあくまで目安です。)

こんな税理士なら◎ こんな税理士は×
  • メールやLINEの返信が早い。
  • 職員の入れ替わりがほとんどない
  • フットワークが軽く、大事な時は必ず 所長が対応してくれる。
  • そもそもメールやLINEを使いこなしていない
  • 担当者が頻繁に入れ替わる
  • 所長とはめったに会えない。

ただ、ほとんどの税理士は日々、お客様のためにより良いサービスを提供しようと心掛けているはずなので、 今の税理士に不満があるのであれば、まずはその今の税理士に改善して欲しい点を伝えましょう。

それでも改善が見られず、今後も料金に見合ったサービスを受けられそうにないという確信が得られたなら、 他の税理士事務所と比較してみて、税理士を変更した方が良いと判断したならその方がよいということです。

顧問先専用ページ

税理士永岡玲子のブログ

LINE友達追加

ページトップへ戻る