税理士へお願いするときの費用、その相場について

皆さんこんにちは。税理士の永岡です。

すっかり夏になりましたね。毎朝のセミの声が耳にしみます。

 

ところで皆さん、税理士に支払う報酬について、どう思われますか?

私達のような専門家というのは「在庫を持たない商売」であるがゆえに、

なぜか税理士というと割高なイメージを持たれる方が多いようですが、なぜなんでしょう?

 

税理士費用の中身。その大部分は税理士事務所の人件費と設備維持費、教育研修費です。

決して利益は多くない商売ですよ。(^_^;)

 

想像してみて下さい。(‘_’)

もし仮に、会計ソフトへの入力をするためのアルバイトを自分で雇って管理して、

日々変わる税法にマッチした最新の会計ソフトも常に自分で買い揃え、

自分にトクになる税法上の特典も見逃さず、さらに、

正しいタイミングで 税務署等への届出書類も怠りなく行うとしたら。

 

 

思ったよりも、費用も手間もかかります! 間違いなく。 ( ゚Д゚)

 

 

それよりも、「ここから先はお願いします!」と、私達のような税理士に

依頼して下さった方が結果として費用も安く済みます。

浮いた時間は、本業の商売に専念して下さい。その方が売上はアップするでしょう。

 

さらに、私達のような税理士は、単に会計帳簿を付けたり、届出書を作成したりするだけではなく、

こんなことも考えています。

 

「このお客様にとって、安全ラインの売上高って、いくらなのかな?」

「この調子でいくと、3か月後には、これくらいの支払がやってくるのでは?」

 

お客様には、これで安心して本業に取り組んでもらえます。(#^^#)

 

ただ、そうはいっても開業したばかりの方に資金が潤沢にないのも存じ上げています

よって、当事務所では色々な料金プランをご提供しています。

↓  ↓  ↓

(1) 月々の顧問料は0円もしくは最低限で、決算申告の時にはしっかり頼む。

(2) いずれは税務申告まで自分でしたいので、期間限定(初期指導)で頼む。

(3)節約プランや個別相談 ( *料金表参照 ) を選ぶ。

 

もちろん、費用を節約した分、物足りないと感じられることもあるかと思います。

但し、こちらから訪問すべきところをお客様の方から来て頂いたり、

ある程度までお客様の側で帳簿を整理したり、会計ソフトやExcel等に入力してもらう…などの

「 工夫 」 はご提案しています。

 

●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*

(おまけ)

 

ウチの事務所は、こんなものを導入しています。

↓  ↓  ↓

 

カルテ

 

何かっていうと、これ、医療機関で使っているものと同じ「カルテファイル」です

 

月々の顧問料を払って下さっているお客様であれば必ずカルテを作成します。

まるで診察履歴をチェックするように、やり取りの記録をチェックし、

まるで健康診断のタイミングを知らせるように、お声がけするタイミングをチェックしています。

 

もちろん、電子ベースでの顧客カルテも整備していて、スタッフ全員で共有しているのですが

やはり、こうした「紙ベース」でのカルテも手放せなくって。。。

 

さすが、医療機関の方々が使っておられるものだけあって、便利です。(#^^#)

 

ではではぁ…。 <(_ _)>

 

 

 

 

 


2016年7月17日 10:37 AM | カテゴリー: 事務所経営にかける思い, 会社経営のヒント, 日記・コラム・つぶやき, 確定申告, 開業支援