年末調整の書類がたくさん詰まった封筒、その中身を画像で解説

皆さんこんにちは。税理士の永岡玲子です。

11月ともなると、あっという間に年末くるぞっ! て感じですね。

 

ところで会社経営者の皆さん、経理担当の皆さん、そして税理士事務所の皆さん!

こんな封筒、受け取りませんでしたか??

↓  ↓  ↓

nenntyou1

 

これは簡単に言えば、「年末調整セット」です。

顧問税理士がいて、年末調整の計算は全部やってくれるという事業主さんは、とりあえず

この封筒丸ごと税理士さんに送ってOK。

 

税理士が、貴方に必要なもの、不必要なものはちゃんとより分けてくれるはず。

 

そーじゃなくて、年末調整の計算は自分で(自社で)やりますっていう場合。

とりあえず、封筒の中身を確認しましょう。

nenntyou2

 

盛りだくさん。((+_+))

でも、書類の意味が分かれば、実はそんなに大したことじゃないんですよ。

今から一緒に見ていきましょう!

 

 

まず、これらの書類のうち「お役所に提出するもの」や、「税金の支払用紙(納付書)」

より分けましょう。それが、これ。

↓  ↓  ↓

nenntyou3

 

この中で、一番なじみのあるのはこの「給与支払報告書」という書類でしょうか…。

nenntyou4

 

4枚複写になってます。年末調整の計算が終わった後に作る書類です。

 

従業員1人1人の年間給料と税金の額を書き、上の2枚は会社側から市役所へ提出します。

3枚目は、年間で払った給料がある程度以上の金額の人だけ。これは税務署へ提出。

4枚目、これがいわゆる「源泉徴収票」です。従業員1人1人に渡してあげましょう。

 

さて、次はこれ。

nenntyou7

従業員1人1人の給料の額から天引きした所得税。まとめて集計して、この用紙に書きましょう。

 

年末調整の結果、従業員に返金することになった所得税や、逆に追加で徴収することになった

所得税の額も、この用紙に書き込みましょうね。

 

そうそう、「給料」っていう扱いじゃなくて、個人の外注さん(請負い扱いの人)に対しては

さっき説明した「源泉徴収票」じゃなくって、この用紙を渡すことになっています。

nenntyou6

 

この赤枠で囲った部分。「報酬」っていう文言がありますよね。この用紙のことを

「支払調書」といいます。個人のフリーランスさんに、この1年間払った報酬の額と、その

報酬から差し引いた所得税の金額を書き込みましょう。そして本人に渡してあげましょう。

 

これは、市役所へは出しません。(→だってフリーランスさんは自分で確定申告しますから。)

でも、会社は税務署へ「情報提供」する義務がありますので、これは年間で払った報酬の額が

一定の金額以上の人の分は、本人に渡した内容と同じものを会社から税務署へ提出します。

 

 

さて、次はこれ。このA4サイズの紙は通称、「法定調書合計表」又は単に「合計表」といいます。

要はこれ、税務署への報告書です。

nenntyou8

 

この雇い主は、何人の従業員に年間いくらの給料を払ったのか、

その従業員は年間いくらの所得税を払ったのか、

そして専門家やフリーランスには年間いくら払ったのか…

ということをまとめて書いた、ダイジェスト版です。

 

さて、「お役所に提出するもの」や、「税金の支払用紙(納付書)」は大事により分けましたね。

次はこれ。実際に年末調整の計算をするのに欠かせない書類を見てみましょう。

nenntyou9

 

扶養控除申告書という用紙が封筒の中にあるからといって、そっちを「平成27年度」の年末調整で使ってはいけませんよ。

税務署が送ってくれているのは、平成28年度分、つまり来年1月から使う用紙です!

平成27年分の扶養控除申告書は、自分で去年もらった分を引っ張り出すか、

WEBからダウンロードするかして入手しましょう。

 

 

平成28年分の扶養控除申告書は、マイナンバー(個人番号)を記載する欄があります!

書いてもらった後は、取扱いに十分注意しましょう!

nenntyou13

 

あとは、手引き類。この3つは年末調整シーズンだけに活躍するものです。

nenntyou10

 

あと、こんなものも入っていますよね。これ、お給料計算をする時に

「この従業員の給料からはいくらの所得税を天引きするのか」という

一覧表が載ってますので、1年を通じて大事に手元にとっておきましょう。

nenntyou11

 

あと、この書類。これはお給料から住民税を天引きしている社員が、

引っ越しや退職などをした場合に使うものです。

 

住民税って、後払いでしかも年12回に分けて給料から天引きするじゃないですか。

年12回… と思いきや、

5回天引き済ませたところでその社員さんが退職することになったら

「残りの7回分」をどうするかという話になりますよね。

そういう時に、この書類を市役所に出して「残りの7回はこうやって払います」ということを言っておくんです。

nenntyou12

 

あとはこのへん。ご案内関係。読んでおきましょう。(ただそれだけ)

nenntyou14

 

以上、めっちゃ駆け足ですが「税務署から届いた年末調整関係の分厚い書類」の解説をしてみました。(#^^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015年11月4日 11:53 AM | カテゴリー: 給料と税金, 開業支援