売上が伸び悩むとき、その打開策

今年も残りあとわずか。皆さんにとって、今年はどんな一年でしたか。

 

ご商売がうまくいかず悩んでいる方、これから厳しい冬がやってきますね。
すぐには状況が良くならないでしょうけれども、
まずは健康に十分お気を付けください。

 

そして、ごく小さな事でもいいので、新しい行動を起こしてみませんか。
少しだけ部屋の模様替えをしてみるとか、
懐かしい友人に手紙を出してみるとか、ホント、

ささやかな事でもOK。

 

そして一呼吸おいて、じっくりと自分のやっている商売のことをくまなく考えてみてください。

 

「売上が伸びない。」

 

それって、原因は次のうち2つしかないと思うんです。

 

 

原因その1;これまでのやり方では顧客の求めているものを提供できていない。

 

原因その2;これまでのやり方では商品をうまくアピールできていない。

 

 

いずれにしても、「これまでのやり方では」うまくいかないということ。
では、変えるしかありませんね。

 

…ん?? どこをどのように変えるのか分からないって??

 

それは、本気で顧客側の立場でものを考えることが出来たら、おのずとわかるはず。
知らず知らずのうちに、売り手としての都合ばかり考えていませんか?
コストを惜しむあまり、商売として必要な投資も怠っていませんか?

 

ただ単に作業としての仕事をしている人には、こういうお話をしてもピンと来ないでしょう。
しかし、職業として理念をもって、一生懸命に天職としての仕事をしている人にはわかるはず。

 

 

臨機応変ということ。柔軟な発想。能力アップ。察する力。

 

 

すべては、仕事への真摯な姿勢があれば身につけることができるでしょう。

(※ 偉そうなこと言いましたね。(^-^;  私自身も肝に銘じて、頑張ります!! )

 


2014年12月28日 9:40 PM | カテゴリー: 事務所経営にかける思い, 会社経営のヒント