申告が必要そうな人に送られる税務署からの手紙(相続編) |


申告が必要そうな人に送られる税務署からの手紙(相続編)  | topページへ戻る

皆さんこんにちは。税理士の永岡玲子です。

 

そもそも税務署への申告って、自分が必要かどうかというところから
分からないことがありますよね。

 

実は税務署側でも個人の資産や預金の動きというのは注意して見ているようです。

 

ご家族が亡くなって、その亡くなられた方がある程度の資産をお持ちの場合。
税務署からこんなお手紙が届きます。
(数年前のものですが、実際にご遺族に届いたものです。)
↓ ↓ ↓

 

ここで、良くご覧になってほしい部分がこちら。

↓ ↓ ↓

 

相続人が2人以上の複数名おられる場合、「そのうちの1人」に宛てて
届いています。
上記の例では亡くなられた方と同居していた方あてになっていました。

 

これは別に「あなたが相続人代表になって下さい」などという意味ではなく、
ただ単に亡くなられた方の住所に宛てて送られていて、その住所で生前一緒に住んでいた
相続人がいるようだから、その人宛に送られている…というだけの意味です。

 

こんなお手紙届いたよ~と、他の相続人さんに連絡してあげましょう。

 

で、この税務署からの手紙。
受け取った後はどうすればよいのでしょうか?

 

ちゃんと書いてあります!
↓ ↓ ↓

 

 

 

この赤枠の部分、分かりやすく言うと、次の2つのことを言ってます。

〇●〇●〇●〇●

1. 遺産の金額が一定額を超えるようなら申告書を作って提出して下さい。

 

2. 遺産の金額が一定以下なら申告書は作らなくていいけれど、
お尋ね書の回答欄に書き込むかWEB回答するかして税務署に
遺産のおおまかな内容をお知らせ下さい。

〇●〇●〇●

 

 

要は、明らかに誰がどう見ても相続税申告が必要なさそうな御家庭だったら
税務署もわざわざ、文書を送ったりしないわけで。

 

なので、もし相続税申告が必要ないという場合でも何らかのお返事を
税務署にしないといけないということです。

 

そして、このお手紙が来ているのに、そのままにしているとどうなるのか?
いきなり「すいませーん、〇〇税務署です!」と自宅にやってくるわけではありません。

 

再び、こんなお手紙が来ます。
(これも実際にご遺族が受け取られたお手紙です。)
↓ ↓ ↓

 

 

ちなみにこの「お尋ね書」の回答欄ですが、多くの人にとってなかなか
小難しい言葉が並んでいます。

 

実は、自分で書ける・自分で書きたい(回答したい)という方のために
以前に簡単ではありますが説明動画を作成したことがあります。
(再掲しておきます。)

 

 

ご参考になれば幸いです。
では、本日はこの辺で。<(_ _)>

 

 

 


2021年2月20日 11:01 AM «   »

topページへ戻る


コメントは受け付けていません。



About me・・・

永岡玲子写真

永岡玲子

初めまして、所長の永岡玲子です。開業以来、本当に多くの方々に支えられて営業しております。


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 経営ブログへ


にほんブログ村 経営ブログ 企業 節税・税金対策へ