副業はどうやって勤め先に伝わるのか |


副業はどうやって勤め先に伝わるのか  | topページへ戻る

皆様こんにちは、税理士の永岡です。

 

最近、副業をする人が増えましたね。
その副業が給料という形だったり、業務委託だったり。

 

形はどうあれ、もしその人が普段は会社員だと、
勤め先には副業しているって言いたくないという場合
あるかと思います。

 

この辺、詳しいことは顧問先専用ページの動画コーナーや
「自分で仕上げる初めての確定申告」という有料動画サイト
(準備中です!)
で解説しています。ご参考までに。

 

 

今日はその一部分を紹介しますね。

 

要は、副業の収入を確定申告して、住民税の納付方法について
「特別徴収」というタイプを選ぶとこうなるということです。
↓  ↓  ↓

 

 

ところで、会社には実際どんな書類が届くのかご存知でしょうか。
…これです。
↓  ↓  ↓

 

確定申告シーズンも終わった後の5月、各市町村から
「あなたの会社の従業員さんの住民税、計算しましたよ」
という通知が会社に届くんです。

 

なので、会社は各従業員の住民税の額をこの通知でチェックして、
その額を毎月の給料から差し引いていくことになります。

 

で。

 

その住民税の額が「会社が思ってたより多い!」ってなったら?
なるほど、他にも収入があったから住民税額がこんなに多いのかって
なりますよね。

 

従って、確定申告書の書き方は注意が必要と言われるわけです。

 

ただし。

その副業が「給料」という形であれば、いくら確定申告書で
「特別徴収」に〇をつけなかったからと言ってこうなりますよ。
↓  ↓  ↓

 

 

これってどうにかならないですか?とよく聞かれます。
基本、ならないです。すみません、ここではそういうお返事しか出来ません。
<(_ _)>

 

では本日はこの辺で。


2020年10月24日 10:38 AM «   »

topページへ戻る


コメントは受け付けていません。



About me・・・

永岡玲子写真

永岡玲子

初めまして、所長の永岡玲子です。開業以来、本当に多くの方々に支えられて営業しております。


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 経営ブログへ


にほんブログ村 経営ブログ 企業 節税・税金対策へ