この年収なら扶養に入る、の「年収」とは? |


この年収なら扶養に入る、の「年収」とは?  | topページへ戻る

皆さんこんにちは。税理士の永岡玲子です。

秋になると年末まであっという間ですよ!
そしてこの時期、少しずつ増え始めているご質問がこれ。

 

扶養の範囲内とは?

 

何だか、この季節になるといつもこの話題でブログを
書いているような気がします。
(‘_’)

 

でも、それってこの時期になると気にし始める人が
多いってことなんですよね。

 

既に色んな人が分かりやすい記事・動画で解説しているのですが
私はここに注意することが何よりのポイントだと思ってます。

 

年収の概念が税金と社会保険とで違う!

 

特に通勤費
下記は国税庁のサイトです。つまり「税金」の話。
(クリックすると画像が拡大されます。)
↓  ↓  ↓

 

 

所得税や住民税の世界では、通勤手当は原則として「年収」には
含まれないという発想なんです。

 

 

一方で、日本年金機構の下記のサイトではこんな表現が。

(クリックすると画像が拡大されます。)
↓  ↓  ↓

 

会社で加入する健康保険・厚生年金の金額を決めるもととなる
その人の月給ランクのことを上記のように「標準報酬月額」と
言うのですが、その“月給”は通勤費も含めた金額でとされているのです。

 

 

要するに、税金の世界でいう年収より、
社会保険の世界でいう年収の方が
幅広い、ということです!

 

税金と社会保険、違っているのは年収の「金額」だけでは
ありません。
(クリックすると画像が拡大されます。)
↓  ↓  ↓

 

今後の見込み年収、って書いてますよね。
これは大きな違いですよ。

 

だから、1月から12月までの結果としての年収で
扶養に入るかどうかが決まる所得税とは違うのです。

 

例えば昇給したり、正社員になったりして
今後は収入が増えることが明らかなのであれば、
過去の年収とは関係なく注意が必要なのです。

 

では、今日はこの辺で。
<(_ _)>


2020年9月26日 9:03 AM «   »

topページへ戻る


コメントは受け付けていません。



About me・・・

永岡玲子写真

永岡玲子

初めまして、所長の永岡玲子です。開業以来、本当に多くの方々に支えられて営業しております。


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 経営ブログへ


にほんブログ村 経営ブログ 企業 節税・税金対策へ