消費税10%になったらリース契約はどうなるの?

こんにちは。税理士の永岡玲子です。

 

来年10月から消費税率10%ということですが、ニュースでは
“食料品は8%ですよ!”ということばかりが注目されているような
気がしてなりません…。

 

それも大事なことなのですが、もう一つ大事なことが。

 

リース料を払って使っている設備ってありますよね。
そのリース契約のタイプによって、こんな違いが出てきます。

 

例えば、会社で使う機器を「毎月1万円+税のリース料」と
いう契約で納品してもらったとしましょう。

 

下記のような場合は、たとえ2019年10月を過ぎても
月々払うリース料は値上がりせず、そのままです。

 

 

買ったも同然のリース、なのに会計処理は「リース料」で
いいの?? と思われた方もおられることでしょう。

 

実はその通りで、本当は、いったん資産を購入したという
処理をして、毎月の支払いの時には「未払金の総額が減っていく」
という処理をするのですが…。

 

少し面倒くさいので、中小企業については
毎月の支払い時に単に「リース料」としていいですよ、
ということになっています。

 

※この辺は詳しく話すと長くなるので割愛します。

 

一方で、こういうリース契約なら、場合によっては
2019年10月以降、月々のリース料が値上がりします。

 

要するに、その時その時で、その資産の使用料金を払って
使わせてもらっているような性格のものだと、
料金に加算されるのも、その時の消費税率ということです。

 

 

じゃあ、具体的に我が社のリース契約はどのタイプなのか、
詳しく知りたい方は、顧問税理士に聞くか、リース会社に直接
問い合わせるかすることをお勧めします。

 

ご自分で検索して調べるときは、
リース、消費税率、経過措置、などのキーワードで。

 

 

でも、既にご自分で調べてみた方なら分かると思いますが…。
書いてあることが結構、難しくないですか??

 

この辺、実は私が以前、消費税率が5%から8%に変わる時に
できるだけ専門用語を排除して書いた記事がありますので、
興味のある方は一度、ご覧になって下さい。

↓  ↓  ↓

一緒に読みましょう!消費税引き上げ法(リース、貸付の経過措置)

 

要するに、消費税率が上がるときはいきなり上がるのではなくって
その半年間が「準備期間・経過措置期間」となりますよということ、
そして、リースや貸付については要注意ですよということ
書いている記事です。

 

では、今日はこの辺で。(^_-)-☆

 


2018年10月20日 12:51 PM | カテゴリー: 消費税


レシートをスマホで撮影、スキャナで取込…実際どうなの?

皆さんこんにちは。税理士の永岡玲子です。

 

秋ですね…ようやく。(^_-)-☆
何だかんだと地域や学校の行事があったりして気ぜわしい季節でもありますが
暑さに向かっていかない、この涼しい気温の変化が私は好きです!

 

さて、今日は会計ソフトの進化ということについて。

 

スキャナで取り込み。スマホで撮影。

 

その領収書画像、会計ソフトに自動取込できます。

 

オンラインで使うクラウド会計ソフトでも、ソフトを自分で買って
インストールして使うタイプの会計ソフトでも、今やこういう機能が
当たり前のようについてくるようになりました。

 

でもこれって、実際使ってみたことありますか?
最初の設定が難しそうだから、試していない人も多いのでは?

 

なので、今日は実際の処理画面をご紹介します。

 

クラウド会計ソフトの例として、freee、MFクラウド
インストール型ソフトの例として、弥生会計
この3つの会計ソフトの実際の画面をお見せしましょう。

 

ソフトによって若干画面の印象は違いますが、まずはfreee。
私のサンプルデータです。

↓  ↓  ↓

 

弥生会計でも、同じようなことができます。
↓  ↓  ↓

 

 

 

なお、上記2つは「スキャナで領収書取込」をした結果の画像です。
スマホ撮影して取り込むと、こんな感じです。
これはMFクラウドでお見せしましょう。

↓  ↓  ↓

 

 

で、これで何もかも完了しているかというと、
そうではないので注意が必要です。freeeで見てみましょう。

 

 

スキャナで取り込んだので画像はきれいなのですが
会計ソフト側ではこのように、「勘定科目」をどうやら
自動判定してくれなかったようですので、ここは自分で正しい
項目を選んで登録ボタンをクリックしないといけません。

 

スマホで撮影したものはどうだったのでしょうか?
MFクラウドで見てみましょう。

 

 

勘定科目は自動で判定してくれたようです。
(ガソリン代だったので、旅費交通費となっています。)

 

ガソリン代って、「旅費交通費」のほか、「燃料費」や
「車両関連費」などの勘定科目でもいいんですけどね。
それよりも、金額を読んでくれていません…。((+_+))

 

なので、やはり自分で手入力で修正します

 

 

でも、外出していることが多く、なかなか財布やカバンにたまった
レシート類を処理できずにいる人などは、こういう活用方法もあるかと。

 

とりあえず、写メとっとく。

↓  ↓  ↓

あとで時間がある時にレシート画像見ながら処理。

 

 

さらに、この「手入力で修正」ということからも解放してくれる
システムがありますので、実は当事務所はこれを導入しています。
Streamed(ストリームド)というシステムです。

↓  ↓  ↓

 

 

要は、自動判定しきれない部分をデータセンターの方々が
処理してくださるという素晴らしいシステムです。

(^^)/

 

領収書だけではなく、請求書などもアリ。
データをアップロードすると、1日後くらいにこんなメールが
届きます。

 

ここからきれいになったデータをダウンロードすれば
かなりの時短になります。本当に、助かっています!!

 

 

このように会計システムが進化してくれているおかげで、
税理士本来の強みであり、当事務所が最も得意としている下記のような
サービスに力を注ぐことが出来ています。

↓  ↓  ↓

・経営に関する相談
・納税の予想
・節税アドバイス

 

 

今後、消費税の税率が「8%と10%」になり、インボイス制度も
導入されていくとなると、もうこのようなシステム抜きには税理士業務の
効率化はできないのでは?と思っています。

 

 

そうそう、最後にもう一つ。
お客様側では、このようなシステムを熟知する必要はないですよ!

 

 

スマホの仕組みを全部知る必要がないのと同じで、分からないときは
顧問税理士に気軽に尋ねるか、任せるかして下さい。
経営者様は本来の業務に力を発揮してくださるのが一番です。

 

 

では、長くなりましたが今日はこのへんで。

^^) _旦~~


2018年10月6日 11:03 AM | カテゴリー: クラウド会計, 会社経営のヒント, 確定申告


2018年度分(H30年度分)の個人確定申告の受付について

皆様いつもありがとうございます。税理士の永岡玲子です。

 

ホームページのトップ画面でも随時お知らせしておりますが、
ここ最近、次月以降の予約も含めてお問い合わせが増加しております。

 

本当に有難いことですし、皆様には感謝するほかありません。

 

ですが、仮にこの調子で年明けまで経過すると、当事務所の現在の人員では
繁忙期である12月~3月の業務に全く余裕が無くなり、
職員のオーバーワークを招く恐れがあります。

 

従いまして、2018年度(H30年度)の確定申告業務を依頼できる
税理士をお探しの個人事業の皆様からの、新規お問い合わせについては
11月末時点でいったん締め切り、12月~3月の期間については
単発の有料相談のみの対応とさせて頂きます。

 

決算時期が来年4月以降に到来する法人のお客様や、申告期限まで
半年以上余裕のある相続のお客様については引き続き、12月~3月の
期間においてもお問い合わせを受け付ける予定です。
(※ただしその場合でも1か月に2件までの新規契約受付という方針は不変です。)

早々にこのようなお知らせで申し訳ありません!

 

当事務所は開業当初からこういう方針なのです。<(_ _)>
むやみに仕事を引き受けすぎてオーバーワークを招いてしまうと必ず、
業務の質は低下してお客様にご迷惑をおかけしてしまいます。

 

 

来年の繁忙期経過後は、既存スタッフの強化および適切な人材の採用などで
我が事務所らしく、「丁寧な仕事と具体的なアドバイス」に一層磨きをかけて
皆様のご期待にお応えするつもりです。

 

なので、当事務所に興味を持ってくださっている個人事業の皆様へ。
もしお問い合わせをお考えなら、11月までに宜しくお願いします。
<(_ _)><(_ _)>


2018年9月29日 9:50 PM | カテゴリー: 事務所経営にかける思い, 確定申告


実は税務署からメールが来ています。

こんにちは。税理士の永岡玲子です。

 

関西地方は地震・豪雨・台風を受けて大変な夏でした。
まだ元通りの生活に戻っていない方もたくさんおられることでしょう。

 

賛否両論を承知で申し上げますと、「元通りの生活への復帰」が
どう考えても無理な場合は「これからの新しい生活」を考えることに
全力を尽くして一歩でも前へ進むしかないと思います!

 

でも新しい生活へと歩みだすとき。
自分が予想していなかった出費があると計画が狂いますよね。

 

税金の支払いもその1つ。前もって知っておきましょう。
LINEアットでもお知らせしましたが、実は税務署側もそれなりに
こちらに情報発信してくれているようです。

 

 

電子申告(E-Tax)を利用している場合、法人でも個人事業主でも、
こんな感じのメールを受け取ったことがあるはず。
(※年に1~2度くらいの頻度ですが。)
↓  ↓  ↓

 

何だろうこれ… って思って大抵の人はスルーしているはず。
実はこのリンクをクリックしたら、税務署がこちらに送ったメッセージの
内容を見ることが出来るんです。

 

クリックしてすぐにメッセージがあるわけではないので
ちょっと面倒なのですが、利用者識別番号というのが分からなければ
顧問税理士に聞いてみましょう。
(※暗証番号は自分で決めた番号ですよ。)

 

 

で、ログインするとこんな感じ。

 

メッセージ一覧、つまりはメールボックスのようなものだと
思ってください。開いてみましょう。

 

ここで、例えば9月27日に口座から自動引き落としされる
消費税の前払い(予定納税)がありますよ、というメッセージなどが
確認できるのです。

 

他にも、「還付金処理状況」というメニューからは
税金の還付請求を出したときの、還付金がいつごろ入金されそうか等の
状況が分かります。
(※宅配便のお荷物状況確認、みたいな感じです。)

 

 

ここまで読んで、こう思った方はいませんか?
「ハガキか何かで知らせてくれた方がいいのに。」

 

 

いやいや、そういう紙の書類でのお知らせって、これからは
減っていくと思いますよ。例えばこんな感じで。

 

 

では、今日はこれにて。
皆様よい週末をお過ごしください。

(^^)/


2018年9月22日 8:59 AM | カテゴリー: 確定申告, 開業支援


税込1,080円の売上。納める消費税は80円ではない。

皆様こんにちは。ようやく穏やかな天気が戻ってきましたね。
この夏は災害だらけで何かと大変でした…。

 

さて、LINE@のニュース配信でも軽くお伝えしましたが、
「納めるべき消費税」を計算するには、実は2つの方法があります。

 

どちらの方法で計算するのか、実は前もって届け出を出さないと
いけなかったりして結構、融通の利かないところがあるのですが
災害によって商売が甚大な被害を受けた場合には

 

「今年はこっちの方法を選ばせて!!」

 

と言うことが出来ます。

 

さて、具体的なお話をしないとピンと来ないですよね。
ではさっそく、解説しましょう。

 

 

※*※※*※※*※※*※※*※※*※※*※

 

タイトルにも書いたとおり、1,000円の品物を売ったときは
本体価格1,000円+消費税80円、で1,080円の代金を受け取りますよね。

 

で、事業主が国に消費税として納めるのは80円ではありません!

 

納めるのは高額な資産の購入や仕入れ、日常的な経費で事業主さん自身が
払った消費税を差し引いた差額です!

 

それがこの<計算方法その1>

↓  ↓  ↓

 

これは「原則課税」と呼ばれている方法です。
その年度にいくら、売上で預かった消費税があるかというだけでなく
経費などで払った消費税もいくらあるのか、集計しないといけません。

 

でも、例えば今回の台風で工場の屋根がこわれて莫大な額の修繕費が
かかるような場合。

 

上記の図でいう「経費等で払った消費税」が、売上等で預かった消費税より
多くなるかもしれませんよ。

そういう時はその差額がキャッシュバック(還付)されます!

 

じゃあ、もう一つの方法<計算方法その2>は何なのかというと。
こんな方法です。

↓  ↓  ↓

 

この方法は、実際にいくら経費等で消費税を払ったかに関係なく
売上で預かった消費税だけに注目するので計算は簡単です。
簡易課税、と呼ばれる方法です。)

 

じゃあ何%差し引けるのか、というのは業種ごとに決まっています。

 

この「簡易課税」という方法を選び取ろうとするときは、前もって
その年度が始まる前に税務署に届出書を出しておかないといけません。
この方法で計算するのをやめる時も同じです。
(※他にも色々ルールがありますが長くなるので省略します。)

 

 

※*※※*※※*※※*※※*※※*※※*※

 

で、ここまでお話しした上で、冒頭のセリフをもう一度。

 

災害によって商売が甚大な被害を受けた場合には
「今年はこっちの方法を選ばせて!!」と言うことが出来ます。

 

だって、簡易課税方式の人って、例えば災害復旧のために
修繕費2,000万円+消費税160万円の出費があって大赤字になったとしても
消費税の計算の際には全く考慮されずに売上で預かった消費税だけに
注目されるんですよ…。

 

原則課税方式の人なら、売上で預かった消費税から、その修繕費で払った
消費税も差し引いて差額を納めるだけなのに…。
場合によっては消費税の一部がキャッシュバック(還付)かもしれません。

 

一方、原則課税方式の人でも、災害復旧で忙しすぎて通常の
事務処理が出来ない! という場合は簡易課税方式の方が助かりますよね。
計算が簡単ですから…。

 

 

なので、特別に災害のあった年度については融通が利くわけです。
今年だけは原則課税にさせて! など。

 

下記、国税庁HPに手続きの詳細があり、実際の届出用紙が
ダウンロードもできます。
提出締め切りは、災害等のやんだ日から2か月以内、です。

↓  ↓  ↓

https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shohi/annai/5024.htm

 

 

災害って、完全に備えることは出来ませんけれど、必ず起こりうるものとして
色々な制度が容易されているので少しは助けになるかと思います。

 

今回ご紹介した情報、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
<(_ _)>

 

 


2018年9月16日 11:57 AM | カテゴリー: 消費税


台風21号に伴う被害について

皆様こんにちは。税理士の永岡です。

 

未曽有の規模で通過していった台風でした。((+_+))
全員が通常の生活を取り戻すにはまだ時間がかかりそうですね。

この場をお借りして皆様にお知らせしておきます。

↓  ↓  ↓

<お客様からお預かりしているデータ・書類について>

全て無事です。ご安心下さい。
なお、当事務所ではお客様からお預かりしたデータは毎日
所定のクラウドサーバーにバックアップしております。

 

よって、もしお客様の側でパソコンデータが破損してしまった場合、
当事務所側で保管しているデータが役にたつかもしれません。
気になる方はお知らせください。

 

 

<事業用の資産に被害が出てしまった場合>

保険等でカバーしきれなかった場合の損害額は、可能な限り、
その支出額について領収書などの記録を取っておいてください。

 

<生活用の資産に被害が出てしまった場合>

事業用じゃないものだからとあきらめないでください。

 

これも、保険等でカバーしきれなかった損害額については
「雑損控除」という制度で、その損害額の分だけ
所得を少なく見積もって税金を計算することができます。

(災害減免法による税金減額という方法もあります。)

 

 

<申告や納税の締め切りについて>

災害のときには締め切りそのものを延長してもらえる制度があります。
詳しくはお尋ねください。

 

 

こういう時ですから、素早い復旧は無理かもしれません。
少しずつでも前に進めればそれで良し、です。
今、できることを1つでもこなしていきましょう!!

 

ではでは。


2018年9月6日 3:02 PM | カテゴリー: 日記・コラム・つぶやき


手元にお金がない時でも消費税の前払い(中間申告)?

皆さんこんにちは。税理士の永岡です。
別世界のような暑さの中、皆様お身体大丈夫ですか??

 

さて、LINEアットでもお知らせした「消費税の中間申告」
詳しく解説していきます。

 

法人でも個人でも、前回の申告で消費税が一定の金額以上
発生していたという人には、税務署からこんな封筒が届きます。
↓  ↓  ↓

 

中を開けると、こんな紙が入っています。
これは「この金額の消費税を払ってください」という
通知です。

 

 

ただ、これはあくまで「前払い」に過ぎません。
実は次の消費税申告で前払いした額はちゃんと考慮されるので、
損することはありません。ご心配なく。

 

なので、選択肢は2つです。

 

その1;税務署から知らされた金額で払う。
その2;今年の上半期の実績で自分で計算した金額で払う。

 

 

では、まず「その1」の解説から。

(「その2」の解説はこちら。)

 

税務署から知らされた金額、つまり「去年の税額の半分」で
払う方法を選ぶなら、さっそく届いた書類を処理しましょう。

 

まずは上下2つに切り離します。

 

下の部分の用紙は、そのまま銀行や郵便局、税務署の窓口に
持って行って払います。(納付書、といいます。)

 

ただし、個人事業主で「振替納税」という口座引き落とし制度を
選択している人は、何もしなくても9月27日に自分が指定した口座から
引き落とされます。
(※引落日はその年によって若干違います。確認しましょう。)

 

「結構大きな金額だけど、窓口で払うの?」

 

ご心配なく。通帳と印鑑と、この用紙(納付書といいます)を
セットにして銀行窓口で「この通帳から払い出してください」と
言えばOK。

 

あと、先ほど切り離した、上半分。
これは気づきにくいのですが、よく見ると税務署に
提出しないといけない書類となっています。

 

こんな風に表紙をめくってみてください。

 

少し上下がくっついているかもしれませんが、大丈夫。
そっとはがしてみましょう。

 

※ 実は税務署から送られてきている数字どおりの税金をちゃんと
納めれば、この用紙そのものを提出するのを忘れても大変なことには
なりませんが、一応お知らせしておきます。

 

提出するのは電子申告(E-tax)でも、郵送でもOK。
郵送の場合はこんな風に所在地と氏名(名称)書いてハンコ押して
税務署に送るだけです。

 

はい、これで税務署から言われた数字通りに前払いしておくという
方法の解説は終了。

 

で、次はこの解説。

その2;今年の上半期実績で計算した方法で払う。

 

この場合は、今年の上半期を1つの年度とみなして
決算の時と同じように、消費税の納税額を計算する必要があります。

 

そういう時に税務署に提出する書類はこちら。
(※下記見本は原則課税方式の人の用紙です。)
↓  ↓  ↓

 

決算の時と全く同じで、ただ単にタイトルが
(確定)申告書、ではなく(中間)申告書となるだけです。

 

ちょっと面倒なのですが、それでも、
去年と違って今年の上半期は今一つだし、手元資金も乏しいから
消費税の前払いなんてする余裕はあまりない!という方は
一度、その「上半期」で消費税を集計してみるとよいでしょう。

 

 

集計した結果、税務署から届いた通知よりも
払う額が少なくなったら、そちらで払いましょう。

 

その場合、税務署が送ってきた税金の支払い用紙(納付書)は
使えないのでご注意を。

 

振替納税制度を利用している個人事業主の方でなければ、
自分で税務署から税金の支払い用紙を取り寄せるか、もしくは
E-Taxで申告書を送信して、ネットバンキングで払うなどの方法で
払うことになります。

 

もちろん、上半期集計の結果、前払いすべき税金は0円です!と
なる場合は書類を税務署に提出するだけでOKです。

 

今日は長くなってすみません!
日本の税金の仕組みって、本当に色々な「選択肢」が納税者に
与えられているので公平な反面、とても複雑なんです。

 

なので、このように単純な書類1つでも、意味も分からずに
そのまま自己流で処理してしまうと損をすることも多々あります。

 

こうした税の仕組みを勉強して自分で取り組むのも良いのですが、
企業様にはぜひとも、私達のような税理士に頼っていただいて、
本業である営業活動に専念していただきたいものです。

 

例えばスマホを使う時に、スマホ本体の構造について
深く知る必要はありませんよね。それと同じです。

 

 

それでは皆様、しっかり体調を整えて夏を乗り切りましょうね。

(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018年8月3日 2:20 PM | カテゴリー: 消費税, 確定申告


相続の時、名義変更は後でも大丈夫です!

皆さんこんにちは。税理士の永岡です。
ここのところ、自然災害に悩まされっぱなしですよね。
(地震、豪雨、猛暑、そして台風…。)

 

亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、
甚大な被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます

 

前回記事に引き続き、相続のお話になりますが、
本日は家族を亡くされて相続の心配をされている方にひとつ、
大事なことをお知らせします。

 

遺産の名義変更は慌ててしなくてもいいんですよ!

 

 

当事務所には毎年、相続のご相談・相続税の申告依頼があるのですが、
かなりの高い確率で皆様、誤解されていることがあります。
それは…。

 

 

早く名義変更しないと!

 

 

という誤解です。

 

 

確かに、お気持ちは分かります。
引越し、結婚や離婚、入学や入社など、様々な場面で行う
暮らしの手続きというのは何かと

 

××日までに。
お早めに。

 

って、言われますものね。。。

 

 

ただ、相続については名義変更よりも先にすべき、
大事なことがあります。それは

 

 

故人の遺産には何がいくらあるのか確かめる

 

 

ということです。

 

なるほど、確かに不動産や株式の名義変更などは
早めにすることが望ましいとはされています。

でも実は「何日以内にしなければいけない」というような
具体的な締め切りはないのです。
(だからと言って放置していいということではないのですが)

 

相続が発生した時の理想的な手順は、おおまかに
こんな感じだと思ってください!

↓  ↓  ↓

 

1.年金や健康保険関係の手続きをする。

 

2.遺産として「何があるのか」確かめる。

 

3.必要な手続が分からない場合は専門家に相談する。

 

4.必要な税金をそれぞれの締め切りまでに払う。

 

5.遺産分割、名義変更の手続きを進める。

 

(詳しく知りたい方はこちら→相続とは

 

亡くなられた方の場合、年金の手続きは死亡日から
10~14日以内、税務署への確定申告の締め切りは
4か月以内です。

 

相続税は少し余裕がありますが、それでも死亡日から
10か月以内と締め切りがあります。
(※申告書を出すことで税金0円となる場合が多々あります。)

 

 

そういう「締め切りのあるもの」を先にすませてから
色々なものの名義変更すれば大丈夫。

あわてて名義変更したり、生前に預金を引き出しすぎたりして
後でかえって問題になることだってあります。

 

 

皆さん、気軽に私達のような税理士に相談してください!
当事務所もそうですが、単発での有料相談ならそんなに多額の
相談料はかかりませんよ。(^_-)-☆

 

では皆様、良い週末をお過ごしくださいませ。
<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 


2018年7月27日 5:44 PM | カテゴリー: 相続・贈与


いざ相続となった時、自宅土地の値段はいくら?

皆さんこんにちは。雨ばっかりですね…。(;_:)

交通機関が止まってしまうほどの雨になるとは
予想もしませんでした。皆様、ご無事でしょうか?

 

こういう時はスマホ片手に時間つぶしという方も多いのでは?

 

その「時間つぶし」として見てもらう記事の中に、
本記事が入ると幸いです。(#^^#)

 

 

今日は何の話かというと、
路線価の話です。

 

毎年7月に、路線価といって、
遺産相続の時に「我が家の遺産」としての
土地の値段を計算する時の基準値とされる
ものが発表されるんです。

 

路線とは道路のこと。
その「道路の値段」なので、路線価と
いうんだなと思って頂くと分かりやすいです。

 

ややこしい話ですが、簡単に言ってみます。

いざ相続が発生した場合、遺産としての土地の値段を
計算する時はこのような式が使われることになっています。
(※路線価が適用されない地域を除く。)

 

路線価 × 土地面積 × その土地ならではの調整率

 

その「調整率」がない場合、つまり
真四角の土地で、そこそこ標準的な広さで、
1本の道路にしか面していないような土地だったら、

 

路線価 × 土地の面積

 

で計算した数字が、だいたい遺産としての
「その土地の値段」になるはず。

 

ではせっかくなので、簡単に路線価の
調べ方をご紹介しましょう。

 

まずは「路線価」で検索。そして国税庁のサイトへ。

 

 

するとこんな画面になるので、好きな場所を選びましょう。

 

↓  ↓  ↓

 

ここからは、地名で検索。

 

試しに、当事務所の所在地である
「西宮市里中町」で検索しています。

 

 

適当に選んでも大丈夫です。
地図を表示させてから、場所を探した方が
楽だと思います。

 

お目当ての場所が見つかったら、その場所の
「道路の値段」を見てみましょう。

 

 

 

上記の例では、その土地が面している道路に
「240D」という数字があります。

 

 

アルファベットの数字はひとまず気にせずに、
「240D」 = 「240,000円」と
考えましょう。
(※借地権などの要素がある土地なら注意。)

 

 

で、土地の面積が例えば90㎡なら、
240,000円×90㎡ = 21,600,000円。

 

つまりこの場合は、2160万円が
遺産相続という時に使われる
土地の値段ということです。

 

ただ、最初にもお話したように、
「その土地ならではの調整」
ということはしっかり考えないといけません。

 

大まかに言えば、こんな感じの「調整」です。

 

・土地の奥行が長すぎる。
・土地の間口が狭すぎる。
・自分や家族が住んでいる
・人に貸している
・広すぎる
・その他特殊な事情がある

などなど…。

 

 

具体的にどういうものなのか、正確に
知りたい人はぜひ、私達のような専門家に
仕事として依頼して、計算してもらって下さい。

 

土地の評価額計算って、正確にしようと
思えばややこしいですし、第一、インターネット等で
検索して悩みぬいた挙句に間違った答えに
たどり着いてしまう場合もありますよ。

 

では皆様、どうかご無事で良い週末を…。
(^^♪

 

 

 


2018年7月7日 8:28 AM | カテゴリー: 相続・贈与


How to pay Withholding Income Tax using Online Banking

Hello everyone, how’s going ?

 

Today, I’d like to talk about “Withholding Income Tax “,
which is called “Gensen-Shotokuzei” (源泉所得税,or 源泉税)
in Japanese.

 

When you hire someone and pay salary,
you need to withdraw income tax in many cases.

 

After withdrawing their income tax, employer need to pay it.

 

Each employer must culculate the amount of
withholding employee’s income tax, and
must make payment letter by himself/herself.

 

Yes, accountant, like me, culculate and make the payment for clients.
Have you seen such a letter ?  (It’s a sample.)
↓  ↓  ↓

 

You have to take it to the bank, post office,
or Taxoffice and pay the “withholding income tax”.
But,There’s one problem…

 

What would you do if you didn’t have enough time to visit bank?

 

Don’t worry about it, you can pay by online banking !

http://www.e-tax.nta.go.jp/index.html
https://clientweb.e-tax.nta.go.jp/UF_WEB/WP000/FCSE00001/SE00S010SCR.do

 

It maybe seem to be difficult for you,
but I recommend it because it’s very useful way

 

It contains  4 steps.

↓  ↓  ↓

Step1; Enter E-tax system

Step2; Input informations you have (amount of withholding tax.)

Step3; Submit them on-line.

Step4; Access Online banking WebSite which you usually use.

 

 

I have an instruction for “Step 4” (as follows).
I hope it’ll be helpful for you…

↓  ↓  ↓

How to pay Withholding Income Tax using Online Banking 2018

 

 

And don’t forget the deadline, for small companies
which hire less than 10 persons, it’s 10th. July and 20th. January.
( for others, next month 10days is deadline.)

 

 

Have a nice day 🙂

 

Reiko


2018年7月5日 2:10 PM | カテゴリー: English