IT導入補助金の「そもそもの大前提」

皆さんこんにちは。税理士の永岡玲子です。
猛暑続き…皆様お身体大丈夫ですか?

 

さて、すっかりリモートワークという言葉が市民権を
得てきましたね。

 

そこでいつになく注目度が上がっているのがこの補助金。

 

 

この補助金そのものは以前からありましたよ。

 

実は当事務所、2018年にこのIT導入補助金を無事に受け取り、
所内業務の大幅効率化に成功しています。
(^^)/

 

 

上記は政府のIT導入補助金のサイトです。
この「特別枠」というのが、今回のコロナ禍の中で登場した分です。

 

ここで大事なことを1つ。
この部分の意味って、正確に分かりますか?

 

 

特にこの「補助率」というのが大事です。

 

 

 

補助率1/2、つまり支出した金額の半分を国が後から
出してあげますよということです。

 

そしてこの申請額そのものにも注目!

 

申請できる金額の下限が30万円なんですね。
なお、今回設けられた特別枠のうちには補助率が
4分の3というものがあります。

 

なので、40万円使って30万円、国から補助が出ると
いうことですよね。

 

ただ、どんな経費が対象になるのかは要注意!
パソコンやタブレット買っただけでは対象になりませんし、
ただ単に情報発信するだけのホームページも対象ではないです。

 

日々の業務の効率化!
生産性の向上!

 

こういうことが求められるので、自分のやっている事業内容・抱えている
課題にうまく合ったITツールを導入しないといけません。
重要

 

そして意外と大変な申請手続き…。

 

実は当事務所も自力で申請したわけではなく、日頃からお世話になっている
クラウド会計ソフト会社に助けてもらいました。
(^_-)-☆

 

省力化できる単純作業・ルーティーンはどんどん省力化して、
その一方でお客様へ提供する本来のサービスを充実させていきたい
ものですね。

 

では、今日はこれにて。


2020年8月8日 10:18 AM | カテゴリー: クラウド会計, 事務所経営にかける思い


LINE公式(旧名称;LINE@)

こちらのQRコードを読み込んで頂くと登録できます。
↓ ↓ ↓

 

または、こちらのボタンをクリックしてください。

友だち追加

 

登録したらどんなニュースを受け取れるのか、ということですが、
参考までに、過去の配信記事の一部をご紹介しましょう。

 

下記はあくまで記事の一部です。
配信は毎週月曜日、朝9時に欠かさず行っています!

↓ ↓ ↓

 

登録はどなたでも出来ます。

 

そして、実は当事務所からは「誰が登録しているのか」は分からないので
気軽に登録して頂けます。

 

忙しい日々の仕事に追われる方にとってはリマインダー代わりに
なるのでお勧めです!

 

なるべく短い言葉で、かつ、分かりやすくするようにしています。
宜しくお願い致します。

<(_ _)>


2020年8月6日 1:34 PM | カテゴリー: 事務所経営にかける思い, 日記・コラム・つぶやき, 開業支援


成長を続ける当事務所の、社労士部門

こんにちは。所長の永岡玲子です。

2008年に所長1人で開業した当事務所、12年目となる今、
おかげ様でスタッフは正社員&パートで8人という規模になりました。

 

当事務所では雇用・労災・社保といった業務については税に付随する
範囲内のこと、ほんのちょっとしたことなどは直接お客様の手助けを
させて頂いております。給与計算も20人以内であればお引き受けしております。

 

ただ、より深く労務分野にかかわるお仕事となると、そこは当方と
良くお付き合いさせて頂いている社労士事務所をお勧めする形をとっています。

 

しかし!

 

お客様の利便性を考えると、本当にずっとそのスタイルで良いのかどうか
考えざるを得ない時期になってきていると最近、感じております。

 

社労士資格を持っている方へ。

 

急激ではないけれど、階段を1つ1つ登っていくように、
着実に成長を続ける
当事務所とともに働きませんか?

 

ただし、社労士の場合はあくまで「有資格者」ですので、
ご存知の通り、当事務所から給料をお渡しして従業員として働いてもらう
形をとることはできません。

 

社労士の業務範囲に属しない、ちょっとしたお仕事を手伝っていただいた
ことによる対価は「給与」としてお渡しできますが、
例えば当事務所の顧問先様の社会保険料手続きを行っていただいた
ことによる対価は「報酬」、つまり独立性のある社労士としての仕事になります。

 

いかがでしょうか。
ご興味のある方はホームページのお問い合わせ(http://reiko-n.jp/contact.php)
からメールをお送りください。

 

なお、人によって働き方スタイルはそれぞれ違いますよね。
毎日出勤したい人、週2~3回が良い人、午前中だけという形がいい人、
リモートワークと出勤を組み合わせたい人…などなど。

 

なので勤務条件の詳細はここでは記しません。
お問い合わせメールを頂戴してから、個別にお答えしていきます。

 

宜しくお願い致します。

<(_ _)>


2020年7月26日 3:13 PM | カテゴリー: 事務所経営にかける思い


Rent Benefit (Government Aid)

Hello, as I mentioned my Twitter,
https://twitter.com/reitaxjapan

 

Japanese Government provide Benefit of Rent, that is for small company and
for sole proprietor.

Benefit of Rent (English ver.)

 

This was started from 14/07/2020.
And, that below is Original Japanese Version.

Benefit of Rent(Japanese Ver.)

 

The English version is my translation, not translated by government.

I hope it’ll be some help for English Speaking people.

 

Have a nice day,

 

Reiko


2020年7月18日 5:28 PM | カテゴリー: English


予定納税という通知が来たら

皆様こんにちは。税理士の永岡です。

止まない雨はないという言葉を信じて、今は
出来る限りのことをするほか、ないようです。

 

さて、去年それなりに税金を払ったという個人事業主の方へ。

 

こんな通知がお手元に届いていたらご注意下さい。
(※個人情報の為、隠している箇所が多いですがご容赦を。)
↓  ↓

 

予定納税額の通知書、とあります。

 

予定納税とは税金の前払いです。
つまり「税金を前払いして下さい」と言われているわけです。

 

なぜか。
それは去年、あなたが確定申告で払った税金の額が
15万円以上になっていたからです。

 

去年それだけ税金を払うほどに儲かっていたのであれば、
今年も同じように利益出ますよね?と税務署から言われているのです。

 

だから、前もってある程度の税金を払っておいてくださいという
通知が来ているのですが、その「支払期限」は?
↓  ↓

 

振替納税を利用してても、していなくても、
7月31日が支払期限です。(今月末ですね。)

 

前払いなんだから、別に払わなくてもいいんじゃないの?と
質問されたことがありますが、実はそうではありません。

 

税務署にこっちから「減額申請」をしない限り、
支払い義務は残りつづけます。
↓  ↓

 

この減額申請書で、今年は去年ほど利益出ませんよということ、
そして前払などできませんよということを税務署にアピールすれば
支払額が少なくなるか、あるいはゼロになるかもしれません。

 

そしてこの「減額申請書」、提出の締め切りが大事。
↓  ↓

 

7月15日までに出せばよいそうです。
(明後日ですね。)

 

詳細はこの国税庁サイトに出ています。
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/02.htm

 

余談ですが、どうして税金の用語って、もっと簡単に
ならないんでしょうね。((+_+))

では、今日はこの辺で。

 


2020年7月11日 9:00 AM | カテゴリー: 確定申告


給料明細で引かれてる住民税、なぜこの金額?

皆さんこんにちは。税理士の永岡玲子です。

 

LINE公式ニュースでもご紹介しましたが、この時期は
住民税(市県民税)の通知がお手元に届くころです。
↓  ↓  ↓

 

会社勤めの人にはこういう通知は原則として
会社に届きます。
(多少フォームは違いますが。)

 

そしてあなたが払うべき住民税(市県民税)は
給与から差し引かれます。

 

なので、社会保険料を抜きに考えると、給与明細からは
こういう税金が差し引かれていることになります。

 

ここで是非とも、皆さんに知ってほしいこと。

 

給料明細から引かれている所得税と住民税、
そもそも性質が違うということです!
↓  ↓  ↓

 

これってよく言われますよね。
「住民税は後から来る!」って。

 

じゃあ、どうして所得税はリアルタイムに引かれるのか?

 

それは給料から差し引かれる所得税は、そもそもこういう方式で
計算することになっているからです。
↓  ↓  ↓

 

そう、リアルタイムにその時もらった給料にもとづく所得税を
差し引けるのは、年末にちゃんと正確な額を精算するという
仕組みが整っているからです!
(これがいわゆる“年末調整”です。)

 

 

じゃあ、住民税は?

 

 

そもそも、会社が年末に精算するということになってません。

 

まず、会社は市役所に、従業員1人1人の年収を
報告します。
「この人に去年1年、こんだけの給料払いましたよ!」と。

 

そして市役所は、その人の去年1年間の年収から
住民税を計算します。
(ここでもちろん、副業やダブルワークの収入も合算されます!)

 

そうやって計算された住民税の金額は、5月ごろに会社に通知が来ます。
「この人、去年こんだけ稼いだので●●●円の住民税です!」と。

 

なので、こうなるんです。(再掲)

 

 

で、ちょっとここで番外編。
年の途中で転職したりした人はどうなるの?というお話をします。

 

少しややこしいですが、じっくり図を見れば分かってもらえると
思いますのでご覧下さい。

 

まずは、こういう人のケース。
↓  ↓  ↓

 

こういう感じで、年の後半あたりで転職して次の会社で
12月末(年末)を迎えたという人。

 

この場合、B社は原則としてこんな処理をします。

 

 

 

これが出来るのは、前の職場であるA社がちゃんと
「源泉徴収票」という、給料額を証明する正式な書類を
発行して、そしてそれを途中入社した人を通じて
B社が年末までに受け取る、ということが前提です。

 

そうすると次の年はどうなるのでしょうか。

 

 

 

少し図が見にくい人は画像をタップして拡大してみて下さい。

 

要は、住民税は「実績に基づいて後から払う」ので、
転職する前の会社の給料ランクに応じた住民税が
「今の会社からもらっている給料」から
差し引かれていく…ということが起こります。

 

(しつこいようですが、これが大原則なので)

 

 

では、年末を転職後の会社ではなく、転職前の会社で迎えた、
こんな人の場合はどうなるのか見てみましょう。

 

こういう時、実は2019年の年収に対する住民税が
次の職場からもらう給料から差し引かれるとは
限らないのです!

 

だって。

 

この「退職した人」が次に就職する先があるというのは
あくまで結果論です!
退職した時点では、次の仕事が決まっていない場合だってあります。

 

そういう時に「次に就職する会社の給料」をあてにして、
そこから2019年の年収にもとづく住民税を差し引くことに
しようなんて、できないですよね。

 

だから「それは本人が自分で払ってもらうようにしよう!」
という手続きが取られることになります。

 

 

↓  ↓  ↓

 

こういう時、転職して最初のうちは住民税は給料から
差し引かれず、所得税だけはリアルタイムなので差し引かれて
住民税は「給与差し引き!」ではなく、しばらくは
自分で払うということになるのです。

 

 

しかし!(まだ先があります。)

 

 

次の就職先が決まっての退職ということもありますよね。
そういう時は、退職するときにこうなります。

 

 

 

↓  ↓  ↓

 

 

いっぺんに色々なことをご紹介したので、すぐには分からない
かもしれません。(私も最初はそうでしたから。)

 

ここまで細かいことを言っておいてなんですが。

100%を一度に理解しようと思うのではなく、
何度か読み返して、7~8割くらい分かって頂けたら
いいかなと思っています。

 

だって、こういう事をしっかり理解してお客様の会社の事務処理を
お助けするために、私たちのような専門家がいますので
大枠を理解して頂いたらあとは任せてもらうのが一番です!

 

それでは長くなりましたが今日はこの辺で。

 


2020年6月20日 10:34 AM | カテゴリー: 給料と税金


初心者が間違えやすい、ネット販売の会計処理

皆さんこんにちは。税理士の永岡玲子です。

 

何でもオンラインでとなると、必然的に増えてくるのが
ネット販売ではないでしょうか。

 

でも問題なのはその「会計処理」!

 

売上代金もウェブで明細が分かるし、入金は通帳だし、
会計処理も簡単でしょ…と思いますか?

 

いいえ、かなりの確率で多くの人が
間違えている大事なポイントがあります。

 

 

通帳に入金された額そのままで売上高と
してしまっていませんか?

 

 

なぜその方法(入金額=売上)ではダメなのか。
今からそれを実務の現場から解説して差し上げましょう。

 

少し例が古いですが、下記は実際にAmazonで物を売った
事業者の売上明細です。
(※実際の数字等は隠して数字を置き換えています。)
↓  ↓  ↓

 

販売手数料が差し引かれた額が「振込額」ですよね。
でも会計ソフトに売上高として入力するのはこの部分です。
↓  ↓  ↓

 

 


 

何でこういうことをするのかというと、消費税の納税義務判定という
大事な問題があるからです!

 

“基準となる期間”の売上高が1000万円を超えているかどうか。

 

超えていなければ、たとえ売上と一緒に消費税を預かっていても
その消費税は納税しなくてOK。
※注;他に特定期間の給与額という判定基準もありますが、
  話が長くなるので説明は省略します。

 

超えていれば納めるべき消費税を計算し、納税しないといけません。
もちろん、その消費税についての申告書を所得税や法人税の申告書とは
別に作成する必要があります。

 

 

このように“基準となる期間”の売上高が1000万円を
超えているかどうか消費税を納税する事業者になるかどうかの
重要なポイントになりますが、その時の売上高というのは?

 

これは販売手数料などの経費を差し引く前の売上高
決まっています。

 

なので、売上は売上、手数料は手数料として会計ソフトに
入力されている必要があるのです。

 

仕訳の形で見ると、こんな風に入力されていればOK。
(会計ソフトでいう「仕訳帳」もしくは「振替伝票」表示での形です。)
↓  ↓  ↓

 

なお、ネット販売の売上って、わりとすぐ入金されることが多いのですが
月度・年度をまたいで入金されるような場合、上記のように
「売掛金」という科目を使って処理しましょう。

 

 

こうしてみると、かなり面倒くさいような印象を受けますが、実は、
クラウド会計ソフトはネット販売のサイトの情報を
自動的に取り込んで
くれます!

 

 

実際に自動連携した後の取引を見てみると、こんな感じになって
いました。(下記はfreeeとAmazonの自動取込例)
↓  ↓  ↓

 

めっちゃ便利ですね。

 

ただ、販売サイトによっては手数料部分がそもそも表示されていない
ようなものもあるようです。

 

 

よって、上記のようなサイトの売上データをテキストファイル等で
読み込むとしたら、自分で1か月分の手数料を計算するなどして

 

支払手数料(1月分)××× / 売上高 ×××

 

という仕訳を会計ソフトに手入力すると良いでしょう。
※左側に支払手数料、右側に売上高を入力。仕訳日記帳(仕訳帳)や
振替伝票などの画面から入力します。

 

 

少し面倒くさい。それでも、
メインとなる取引は自動取込してくれるというのは
たいへん有難いですよね。

 

freee、マネーフォーワードの例でいうと、自動データ連携している
サイトが一覧で表示されていますし、設定も簡単です。
↓  ↓  ↓


 

もちろん、インストール型の会計ソフトにもネットバンキングや
クレジットカードの取引を自動取込してくれる機能はあります。

 

ですが、こういうネット販売のサイトと直接、しかもストレスなく
つながってくれるのはクラウド会計ならではのもの!

 

手入力といった作業はなるべく効率化・省略可して、
経営者本来の業務に集中し、先が見えない世の中を
乗り切っていって下さい。

 

では、今日はこの辺で。


2020年5月10日 1:51 PM | カテゴリー: 消費税, 確定申告, 開業支援


非対面サービスへの投資でもらえる補助金

皆さんこんにちは。
緊急事態宣言の更なる延長、消えないウイルスへの懸念。

 

これはもう、発想そのものを変えて生き延びるしかない!

 

店内 → テイクアウト
対面 → 非対面
店頭 → オンライン
実物 → 画像や動画

 

ただ、こういう取り組みを進めようにもお金がかかるんです。
そこで今回のコロナ経済対策で出てきているのがこちら。
(経済産業省HPより。以下同じ。)

 

 

 

持続化補助金といいます。
(最大で会社に200万、個人に100万の持続化給付金とは別ものです

 

 

補助金なので、上記の図で言うA,B,Cのようなことに
お金を使ったら、その一部を国が助けてくれるという趣旨です。

 

 

 

で、具体的な申請手続きはというと。
商工会議所が窓口になっているようです。
(以下、商工会議所等のサイトより引用。)

 

何回かに分けて公募するようです。
1回目の募集は5月1日から始まっていて、締め切りは
15日!(早いですね。)

 

しかも申請に際しては地域の商工会議所に頼んで
作成してもらう必要がある書類があると書いてます。

そこで気になるのがこちら。

 

公募要領、読んでみました。
どうやら商工会議所の会員でなくても応募は可能のようです。

 

 

 

ただ、これ以上の詳しいことは私にも分かりません。
ご興味のある方は一度、商工会議所などに問い合わせしてみては
いかがでしょうか。

 

 

では、今日はこの辺で

<(_ _)>

 


2020年5月5日 2:08 PM | カテゴリー: コロナウイルス対策, 会社経営のヒント


売上の変動が激しい場合の持続化給付金申請

皆様こんにちは。永岡玲子です。

 

お客様から頂いた質問の中で多かったのがこれ。
「月ごとの売上、その時によってかなり違うけど?」

 

そうですよね。毎月一定の売上があがる商売ばかりではありません。
例の持続化給付金についても、そういう場合の特例が設けられています。
(経済産業省のサイトより。以下同じ。)

 

 

 

ちょっと文章長いですが、落ち着いて読めば分かります。
まずは1番目の条件。

 

 

要するに「今年の3か月」と「去年の3か月」を
比較するんだというイメージですね。

 

まとまった3か月ですよ。
で、次の2番目の条件。

 

 

 

要は、その「3か月」で1年の売上の半分以上を稼ぐ。
そういう場合が“変動が大きい” ケースとして、
1ヵ月比較ではなく、3月比較が使えるようです。

 

 

 

そしてその「3か月」という期間が年度をまたぐ場合について
色々と書いてくれているのが文章の後半部分。

 

例でいうとこちらのようです。

 

なお、実際に申請が始まりましたら当方への質問が殺到することが
予想されますので、お電話を頂いてもすぐに出られないこともありますこと、
御了承下さいませ。
<(_ _)>

 

宜しくお願い致します。

 


2020年4月30日 5:09 PM | カテゴリー: コロナウイルス対策, 確定申告


Apply to Business Continuity Benefit(持続化給付金)

Hello everyone,

 

Many people ask me about 持続化給付金(Jizokuka-Kyufukin), that is,
Business Continuity Benefit.

 

This Cash Benefit will be applicable from 01/05/2020 (at fastest) ,
and be continued until 15/01/2021. (see that below)
↓  ↓  ↓

 

As you know, basically this apply should be done via on-ilne.
Goverment shows the required input item.
(This figure is my translation of breaking news.)

 

That figure above is just part of guidance.
The official guidances are uploaded at goverment website.

 

It’s over 30 pages!

 

So I picked up important two pages.

Exception1(Just Established)

Exception2(sales amount)

 

Yes, this Benefit is not “fixed amount”one.

 

If you’ll input the figure and required information correctly,
receivable amount is automatically calculated.

 

But, there’re some Exceptional calculation way as I mentioned above PDF.
And also, don’t forget preparing copy of tax filing and other documents.

 

I’m sorry I can’t help you out, meeting face to face.

 

If you want short-version guidance translated in English,
please pay 8,000yen for me and I’ll send it to you.
(original Japanese version is below)
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

 

 

Sorry I’m too tied up to translate detail version one (over 30 pages!)
So, if you want ask me, I’m appriciated if you use e-mail first.
※Please take note that I can’t reply to your e-mail soon.

 

Have a nice day !

 

Nagaoka Reiko Accounting Office
http://reiko-n.jp/english.html

 


2020年4月29日 4:12 PM | カテゴリー: English